暮らしと裁縫の研究所 

大好きなモノと大好きな裁縫に囲まれた暮らし

素敵なお店見つけた 〜魚真〜

以前住んでいた場所は住宅街のど真ん中だったので、外食といっても「知る人ぞ知る」的な個人のお店がチラホラあるくらい。

 

「知る人ぞ知る」という事は地元の方からの情報か、先ずは入ってみないと分からない。我が家は外食先を冒険するのが苦手で、初めての時は入り口から中の様子が見えないと入りません(笑)。何気にチェーン店に安心するタイプ(笑)。

 

ですが、やはり吉祥寺はご存知の通り、美味しいお店やオシャレなお店が沢山。ちょっと気分を変えて今日は外食にしようか〜なんていう時に散歩しながら「素敵な」お店を散策してみます。

 

 

 

私が思う「素敵なお店」というのは「料理」「店内」そして「スタッフ」が私好みであること。

 

料理については私は好き嫌いがほぼ無く何でも美味しく頂きますが、食には詳しくないので「今の自分の体」に合うかどうかが判断基準。同じ焼き鳥なのにこの店のは美味しくて、この店はなんか鳥の臭いを感じる「気」がするみたいな事ってありませんか?あとは同じお刺身でも、厚みがあり過ぎると急にダメみたいな(笑)。もはや自分の中の感覚。

 

 

そしてどんなに珍しいまたは美味しい料理でも私は汚れてる場所は苦手です。お店に入ったら必ず店内をキョロキョロ見回します(笑)。これは前職の癖だと思いますが、電球切れや壁面に溜まったホコリとかがあると、料理よりそっちに気を取られて味は半分位しか覚えていません(笑)。

 

 

そして「スタッフ」。これも完全に前職からの職業病だと思いますが、楽しそうに働いている人を見ると「何でそんなに楽しそうなの?」と聞いてしまう時があります。もちろん聞かれたスタッフさんは「えっ?????」と答えに困っていますが、答えが直ぐ出ないという事は、「楽しく働こう」という感覚も無いのかもしれないです。その人自身が作り出している環境なのか、お店側が作り出している環境なのか分かりませんが、自然と「楽しく」なったんだろうと思います。

 

「きちんとしている」というより「たのしそう」と思ったお店で過ごす時間はとても良いです。料理を食べながらスタッフの動きや表情を見たり、スタッフ間の会話を聞いていると、料理の美味しさや印象も倍増されます。そして楽しそうなスタッフの人に注文している自分も楽しんでいる事に気がつく。そして自然と思います「また来たいな」。

 

そして先日行ったお店がそんな素敵なお店でした。お店の名前は「魚真」

f:id:kuisti:20181204111621j:plain
http://www.uoshins.com/i/kichijouji.html

 

 

料理美味しかった〜

f:id:kuisti:20181204111700j:plain

f:id:kuisti:20181204111722j:plain

f:id:kuisti:20181204111805j:plain



 

こちら個人店ではなく都内に幾つかあるチェーン店。チェーン店=機械的なイメージを変えてくれるお店だと思います。美味く楽しい時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。

 

ありがとうございました。

****************************************************

ウクレレケースやストラップなどいろいろ

https://kuistibrand.wixsite.com/kuisti

f:id:kuisti:20181031110429p:plain

f:id:kuisti:20181204112345j:plain