暮らし時どき裁縫の研究所 

わたし目線の暮らし・体験したコト、時どき大好きな裁縫のコト

ウクレレの置き場所

突然ですが、賃貸だど壁にフックを付ける事が出来ないので、ウクレレの定位置に困りますね。ガズレレスタイルではソファの上に置きます。何故かというと座る時にウクレレが邪魔なので必ずどかして座ります。その時ウクレレを触ったついでに座りながら毎日5分でもポロポロ弾けるからです。

 

弾く習慣が付けばソファ周りを定位置にしても大丈夫かな!(個人的に)以前のおうちではソファの後ろの壁にフックを付けて、そこがウクレレの定位置でした。今回は賃貸のためさてどうしようかな・・・と思いながら定位置が中々決まらずの日々。

 

そんな時、ふと以前作ったギターの座布団を思い出し、ウクレレバージョンを作ってみよう!という事で・・・

 

①座布団の土台をつくる

・土台の元は何でも構いません。今回は旦那さんのお古Tシャツを使います

f:id:kuisti:20161009111449j:plain

・下から折り込んでいきます

f:id:kuisti:20161009111551j:plain

・半袖の幅と同じになるくらいまで折ります

f:id:kuisti:20161009111612j:plain

・それをクルクルと丸めます

f:id:kuisti:20161009111635j:plain

・そしてねじります(ねじることで固くなります)

f:id:kuisti:20161009111657j:plain

・ねじったまま円にします(ウクレレのお尻がハマるサイズに)

f:id:kuisti:20161009111729j:plain

・円を固定します(私はそのまま先端を縛りましたが、糸で縛っても良いです)

f:id:kuisti:20161009111746j:plain

・試しにウクレレを乗せてみます(乗った!)

f:id:kuisti:20161009111807j:plain

 

 

②スタンドの形を整えます

・スタート地点を決めて毛糸を固結びします

f:id:kuisti:20161009111909j:plain

・座布団全体を毛糸で巻きます(ボンレスハムの要領)

f:id:kuisti:20161009111942j:plain

・毛糸で巻くと座布団が少し細くなるので、一応サイズ確認

f:id:kuisti:20161009112011j:plain

・座布団がまだボコボコしてるので厚みを均等にするため、さらに毛糸を細かく全体に巻きます

f:id:kuisti:20161009112053j:plain f:id:kuisti:20161009112136j:plain

 

 

③デコレーションします

今回は毛糸で装飾します(毛糸以外にも、麻紐、布の端切れ、フェルト、とにかく巻ければOK!)

ボンレスハムになった土台に装飾用の毛糸を巻いていきます(ポイントは出来るだけ下地が見えないように幅を詰めること。キツく巻くと毛糸らしさが減ってしまうので、注意してください)

f:id:kuisti:20161009112231j:plain

・今回は3色展開です。次の色に変わる時は、下になる側で固結びをして次の毛糸に移ります。あとは根気よくひたすら巻くのみ(笑)。

f:id:kuisti:20161009112259j:plain

 

 

そうして完成!!!!!

f:id:kuisti:20161009112547j:plain

 

クララが立った〜!

f:id:kuisti:20161009112506j:plain

 

特にストラップピンを付けると立てる時にウクレレが安定しないので、そんな方にオススメ!私のウクレレはロングネックなのでバランス上、自立は危険なのでこんな風に使っています。

f:id:kuisti:20161009111418j:plain

 

とはいえソプラノタイプも完全に自立出来るタイプはまだ模索中ですので、一応何かに立て掛ける方をオススメ致します。手軽で場所も取りませんので、皆さんもトライしてみて下さい。

 

ありがとうございました

 

kuisti brand web

http://kuistibrand.wixsite.com/kuisti

f:id:kuisti:20161002124309p:plain